布団クリーニングしないと花粉症の人は大変!?

布団クリーニングしないと花粉症の人は大変!?

洋服などと一緒に、花粉が飛散している時に布団も外に出すのは良くないです。
布団が湿ってしまった場合は布団乾燥機で乾かし、誇りっぽくなったら掃除機で吸い取るのがおすすめです
しかし布団のお手入れは難しい。

 

朝起きるとくしゃみから目のかゆみからすごいときがありますが、それは布団に付いた花粉が起きた時の動きで舞い上がるのが原因です。これはモーニングアタックと呼ばれているようです。

 

舞い上がるという事は花粉がついているわけですから掃除機などで吸い取ったりしないといけません。
ですが取りきれていない場合が多く、全て取るには布団を丸洗いするしかありません。

 

布団を昼間干す人のためのアドバイスとしては布団に透明のビニールなどを貼り付けて花粉が付かないように気をつけ、花粉タイムの12時から14時、17時から19時の時間帯はさけるのが良いでしょう。

 

また布団を取り込む際の予備知識として布団を叩かないほうが良いでしょう。
実は布団を叩くとダニの死骸や糞を布団の中に押し込んでいるのと同じなんです。
それだけはありません。
アレルゲンが叩く事で細かく砕け、それを鼻から吸い込むとアレルギーを引き起こすことがあります。
ではどうすれば良いのでしょう。
取り込んだら掃除機で綺麗に吸い込むしかありません。
シーツや枕カバーも同様です。

 

 

結局のところ、綺麗にダニやアレルゲンを取りたかったら掃除機で吸い取るというのが自宅で行える対策ですが、毎回吸い取るのは大変でなおかつ全て取り切れるかというとそうではありません。
毛布などは掃除機で吸い取っても特に毛に絡まり吸い取る事ができず掛け布団や敷布団に入った花粉は掃除機では吸い取る事は難しいでしょう。

 

花粉症がひどいからはそういった手間や効果を考えると半年に一回でよいので宅配の布団クリーニングに出してみるのも良いと思います。
布団を家まで取りに来てくれて丸洗いして後また自宅に届けてくれます。
布団3枚で通常の会社だと10,800円が相場でしょう。
期間的には出してから1週間くらいで戻ってきます。
やはり布団クリーニングはダニなどの死滅率が100%で花粉も綺麗に取ってくれるので花粉症の人にはおすすめです。 ⇒布団クリーニング業者一覧

 

花粉症は現代病でなかなか対策を施しても予防が難しいですが生活の中で少しでも工夫すれば花粉症を遠ざけることができます。

知名度が高い布団クリーニングおすすめ業者「リネット」はこちら

業界の中では一番利用者数が一番多いのではないでしょうか。