布団の干し方時間など

布団クリーニング干し方について

布団クリーニングという方法はありますが自分でできる布団を長持ちさせる布団の干し方に付いて解説しています。
布団の干すのは殺菌効果がありダニなどを死滅させたりするからです。
布団を干す方法はなるべく日に当たる干し方をするということですがマンションですと全面に日を当てるのは難しいでしょうから時間によって反転させたり裏返しにしたり体制を変えて干すという事でしょう。

 

一面に時間を30分〜1時間程度
夏の場合だと30分も干せば大丈夫でしょう。
逆に冬の場合は日が一番当たる昼くらいに干すと良いでしょう。

 

また材質によっては程度を変えないければいけません。

 

材質によって日の光に弱いのは
綿布団⇒羽毛布団⇒羊毛布団

 

で羊毛布団が一番弱いです。
ですから干すのもほとんどしないで月に1回程度で十分です。
中の綿を傷めてしまいますし基本的に窓をあければ乾燥して湿気は除去できるようにもなっているからです。羽毛布団もほぼ羊毛布団と同様の扱いをしてください。

 

またあまり布団をたたくのも良くないので気をつけてください。
何回もたたくと中の繊維が出てきてしますので布団を傷めてしまいます。
2回〜3回程度に抑えるのが良いそうです。
気になる場合は掃除機で吸い取りましょう。
最近は付け替え専用のそれようの口になっている掃除も売っているそうです。

 

ただダニなどの死滅率に関しましては日で干してもすべて除去できません。
仮に死滅させてもダニの死骸は残りアレルギーなども引き起こすとも言われています。

 

綺麗にとって快適に布団を利用したい場合は布団クリーニングがオススメです。
ダニは100%近く除去できますしアレルゲンもなくなります。
ただ値段が高いので年に数回でよいと思いますが。
利用したい人は当サイトのトップも見てくださいね。
紹介しています。

 

知名度が高い布団クリーニングおすすめ業者「リネット」はこちら

業界の中では一番利用者数が一番多いのではないでしょうか。