布団クリーニングできるサイト口コミ比較のまとめ

「ウェットクリーニング」と「ドライクリーニング」違いって何?

クリーニングの用語でもっともよく出てくるワードが「ドライクリーニング」と「ウェットクリーニング」だと思います。
簡単ですが、この両者の違いを説明したいと思います。

ドライクリーニングとは?

ドライクリーニングとは、「水を使用しないクリーニング方法」です。
水を使用したクリーニングだと、「縮み・型崩れ・色落ち」などが発生します。こういった衣類を傷つけない方法として発案されたのが「ドライクリーニング」になります。
ドライクリーニングでは有機溶剤を使用しクリーニングを行います。
主にドライゾールと呼ばれる石油系溶剤やパークロルエチレンと呼ばれる塩素系溶剤が使用されます。

メリット

・衣類を傷つけず(縮み・型崩れ・色落ち)に洗える
・油汚れが良く落ちる
・ウェットクリーニングできない衣類もクリーニングできる

デメリット

・油汚れには強いが汗などの水溶性の汚れや顔料には効果的はない
・ドライクリーニング特有の臭いが残る場合がある
・完全に乾いていない上体で身に付けると肌にやけどを負うことがある(化学熱傷)
・溶剤は洗濯水のように排水で捨てることが出来ない
・環境汚染の一因となっている

ウェットクリーニングとは?

ウェットクリーニングとはそのままの意味で「水で洗う」ということです。自宅で行っている「洗濯機による衣類の洗濯」はウェットクリーニングです。

メリット

・水溶性の汚れ(汗・ジュース、酒類のシミ・皮脂汚れなど)に強い
・黄ばみもとることが出来、仕上がりの色合いが鮮やか
・ドライクリーニング特有の臭いが残らない
・普通に排水が行え手軽に各家庭で行える

デメリット

・油汚れに弱い
・家庭で出来てしまうので、クリーニング店に依頼するかどうかの判断が難しい
・型崩れ、縮み、色落ちなど衣類にダメージを与えてしまう。

知名度が高い布団クリーニングおすすめ業者「リネット」はこちら

業界の中では一番利用者数が一番多いのではないでしょうか。